喜寿の父と古希の母を囲んで家族写真

 

喜寿祝い・古希祝い・家族

家族で一緒に写真を撮ったのは本当に久しぶりでした。
普段それぞれで生活をしているので、なかなか家族全員がそろうということがなくて、年に1度くらいだったのですが、今年は本当に特別で、父と母、それぞれに嬉しい年でした。
もちろん、家族全員も笑顔になれることがあったのです。
それは、父の喜寿祝いと母が古希祝いを迎えるのが同じ年になった、ということです。
誕生日は違う月ですし、少し早めになりましたが、家族がそろって喜べるイベントになって、本当によかったです。
喜寿と古希を一緒にお祝いしようということで、家族で色々と考えた結果、父と母を家族で囲んで記念写真を撮ろう、ということになりました。
いろいろなことを考えて、写真を撮ってもらうお店を決めましたが、ちょうど父の誕生日の日に写真を先に撮ってしまおう、ということになって、お店に集まりました。
77歳の父にはもちろん衣装を着てもらって、母にも古希のお祝いとして着てもらいました。
父にも母にも長生きしてほしいし、家族全員が今年は2回集まるということで盛り上がっていました。
写真も素敵なものが出来上がって、素敵な長寿祝いにしてくれたお店に感謝しています。
家族の笑顔に囲まれた父と母の姿にこちらも嬉しくなってしまいました。
家族全員が喜びに満ちた表情をしている姿など本当に久しぶりです。
喜寿と古希というのもすごいですが、父と母は今でもお互いを深く思いやっていることがわかるので、一緒に嬉しい行事をむかえることができるようになったのは家族みんなが喜んでいます。
父にも母にも長生きしてほしいし、また家族全員でこんな風に写真を撮りたいとみんなが言っていたのが印象に残りました。
素敵な写真が出来上がって、家族みんなで覗き込んでいるのも楽しかったです。
77歳と70歳の父と母の姿に将来こんな風に思いやれる家族になりたいと思いました。
このとき撮ってもらった写真は本当に気にいったらしく、父と母がリビングに飾ってあります。
素敵な長寿祝いにしてくれたお店には感謝してもしたりないほどです。
父と母が二人で並んでいる写真を見たのは本当に久しぶりで、いつも家族で旅行に行くときなどには、父か母、どちらかが写真を撮ってくれていたことに気がつきました。
いい写真が出来上がって、家族全員が喜んでいます。
喜寿と古希を一緒にお祝いしようと思ったのは、お店のサイトで素敵な写真を見たからです。
みんなが笑顔になっているその姿は、離れ離れに過ごしている家族にとってはとてもうらやましいものでした。
なので、今回は思い切ってこのお店にお願いしてみよう、ということになったのです。
久しぶりの家族写真に大はしゃぎの母と、どこか照れくさそうな父の姿にこちらは笑顔になれました。
一生に一度しかこないお祝いの行事を家族全員で祝うことができてとてもよかったです。
緊張している父と母にリラックスできるように話かけながらカメラを向けてくれたり、家族で撮る写真にどこか照れくささを感じているのもほぐしてくれたカメラマンの方にも感謝です。
一緒に写真を撮ることなどあまりなかった父と母の嬉しそうなその横顔に少しだけ涙がこぼれてしまいましたが、写真を大切そうに、みんなが家に来たときに見ることができるリビングに飾っている両親に、撮ってもらって本当によかったと感謝しています。
何度も書きますが、素敵な長寿祝いにしてくれたお店の方に感謝の気持ちで一杯です。
久しぶりに横に並んでいる両親をみて、子供のころ、姉妹と一緒にその背中を追いかけていたときのことを思い出しました。
思い出と喜びと、感謝の気持ちをもう一度思い出させていただける、そんな素晴らしい写真です。

還暦祝いに家族で記念写真

還暦祝い・家族

ちょうど父が還暦を迎えた直後、私の結婚式が待っていました。
このメンバーで過ごす事ができるのは今年が最後だというのもあったからでしょうか、誰が言う訳でもなく父の還暦祝いは通常の誕生日会に比べるとはるかにアットホームで楽しい物となっていました。
決して豪華でもなく、勿論華美でもないのですが、すごく温かみがある会になったのを覚えています。
そして、還暦を迎えた父を囲み、家族写真を撮りました。
まだ俺は若いんだ、そう言っていた父はかたくなに赤いちゃんちゃんこを着る事を拒否していたので、私は姉と一緒に赤いセーターを購入したのも覚えています。
ちゃんちゃんこ程真っ赤ではないけれど、分かる人が見れば還暦のお祝いに見えるような、そんなデザインの物を選びました。
最初そのセーターを見た父は、初めて着る赤いセーターにびっくりしていましたが、これもお祝いだからという姉と私の言葉を聞いてしぶしぶ着てくれました。
写真の中には今でも照れくさそうにしながらも笑顔の父がいます。
普段は凄く怖い顔をしていて、授業参観の時等は私の隣に座っていた男の子が後から凄く怖い顔をしているおじさんがいたよね、なんて言ってくる程だったのですが、あの時は凄く優しそうな顔をして、そして照れくさそうな顔をしていました。
あんな表情の父を見たのはあの時が初めてでした。
我が家は父の仕事が忙しくて、私自身幼い頃に家族で泊りがけ旅行に行った思い出は2か所位しかありません。
まだポケットベルの時代でしたが、珍しくドライブに行った時でも父はすぐに職場から呼び出されては仕事に行っていたのも覚えています。
だから、その還暦祝い以外はあまり家族一緒になって何かイベントをしたという事はないのかもしれません。
父自身あまり写真を撮られるのが好きではなかったようで、家族でどこかに出かけたとしても一緒に写る事はありませんでした。
私が持っている写真の殆どは、私と姉の2人だけか、そこに母が一緒に写っているだけです。
だからこそ、私にとっては凄く思い出深い物となっているし、何より大切な宝物となっています。
こうして還暦を迎えた父を囲み、家族写真を撮る事ができるのは凄く貴重な経験です。
実は、父には内緒にしていますが、あの時に撮った家族写真は引き伸ばして、実家の私が使っていた部屋のクローゼットの中に額に入れてしまってあります。
さて、そんな照れくさそうにしながらも笑顔の父の写っている貴重な写真ですが、実はそこで孫を抱いて写っている母も来年還暦を迎えます。
あの頃赤ちゃんだった甥も大きくなって、今では学校に通う様になりました。
おばあちゃん子なので、実家に行くと大体母の近くや母がいる部屋に甥はいます。
母に来年の還暦についてどうしてもらいたいかを聞いてみたところ、何もしてくれなくて良いという答えが返って来ました。
特別な事をしてもらわなくても、その気持ちだけで十分なのだそうです。
でも私にとっては口には出す事はありませんが、父も母も大切な存在です。
だから2人とも同じように還暦のお祝いをしてあげたいと思っています。
ただ母も還暦祝いをした時の父と同様、まだ自分自身は若いと思っているので、赤いちゃんちゃんこを着るつもりは全くないみたいです。
ただ、父にも赤い物を着て貰ったので、母にも赤い服を着てもらいたいと姉とは話しています。
取りあえず、赤いカーディガンかセーターを用意しておこうかと思っています。
そして、還暦を迎える母を囲み、家族写真を撮る時、今度は父に孫をだっこしてもらうつもりです。
既に赤ちゃんは生まれていて父はメロメロになっていますが、きっとその写真には孫をだっこしながらメロメロになっている父と、少し照れくさそうにしている母を残す事ができるのではないかと期待しています。

写真スタジオ比較【スタジオマリオ】

日本にはいくつもの写真スタジオがあります。規模の大きいチェーンのスタジオから、街の写真屋さんなど、数多くのスタジオがあるため、いざ家族写真を撮ろうと思った時、どこで撮影したらいいか迷うことがあると思います。そこで、いくつかの写真スタジオを比較してみました。

<スタジオマリオ>

mario

スタジオマリオは写真専門店「カメラのキタムラ」のこども写真館です。
こども専門の写真館ですので、七五三やお宮参り、入学式や卒業式等の写真を撮影してくれます。
スタジオマリオには家族で楽しめるスタジオがあります。
スタッフの方々のきめ細か対応で写真を撮り終えるまで安心してお願いできます。
そんなスタジオマリオには10の約束があるそうです。
1.ご予約を、ムリに詰め込みません。
2.クルー全員があなたの担当者です。
3.ハプニングは当たり前。臨機応変に行きましょう。
4.本当に着たい!着せたい!衣装を揃えます。
5.お子様の活きた表情をひき出して、つかまえます。
6.スタジオで過ごす時間すべてを、いい思い出に。
7.台紙、アルバム、CD。自由度の高い商品メニュー。
8.キタムラの職人が一枚一枚仕上げます。
9.ホリプロ様と定提携。一流の技を学んでいます。
10.お客様からの評価を、正直に公開します。
この10の約束は「写真館が残すのは、写真だけじゃない」という強い思いがあるからだそうです。
また、スタッフの方々は全員が「こども写真のプロ」ということで、
一緒に話して、遊んでこどもの一番いい表情を引き出してくれます。
スタッフの方々がこどもの笑顔を引き出すために特別なトレーニングをしているそうです。
・ボイストレーニング
スタジオマリオのスタッフは七色の声を出すことができるそうです。
撮影の時はこどもが思わず笑顔になってしまうような楽しい声や、赤ちゃんでもはっきりと聞こえる高い声など、こどもの興味をひきつける魅力のある楽しい声が出せる研修を受けているそうです。
・リトミック
こどもは音楽が大好き。そのため、音楽やリズム、踊り等を通してスタジオにいる時間を楽しく過ごしてもらうためにリトミック研修を受けているそうです。幼児期の赤ちゃんは歌を歌ってあげると驚くほどリラックスするそうです。
・カラー講座
衣装を決める時に役に立つカラー講座の研修もあるようです。
スタジオマリオには沢山の衣装がありますので、
どれにしたらいいか決められない時はこどもの髪色や目の色、肌の色に合う衣装をスタッフの方が選んでくれます。このように、スタジオマリオのスタッフの方々は、特別な研修を受けた「笑顔のプロ」達なのだそうです。
また、スタジオマリオの料金設定はとてもわかり易くなっています。
着付け、ヘアメイク料は無料。撮影の料金は基本料金と写真そのものの料金だけというとてもわかり易い料金設定です。更に衣装は無料で何着も着替えられるということでとても良心的ですね。
そして気になるのが出来上がった写真の質。
スタジオマリオは「写真の専門店 カメラのキタムラ」の写真館ですから、
写真は最高のプリント品質。職人の手作業で一枚一枚仕上げてくれるのでとても安心です。
また、スタジオマリオは「マリオクラブ」というフリーマガジンを出版しています。
マリオクラブではスタジオマリオの最新情報やイベントごとの役立ち情報を見ることができます。
マリオクラブは店頭で無料でもらえる他、最新号はweb上でも読むことができます。
スタジオマリオではメールマガジンも配信していますし、
ブログやtwitterでもお得な情報を得られる事ができます。
スタジオの予約は電話やネット上でもすることができるのでとても便利です。
こどもの家族写真を撮るならスタジオマリオがオススメです。

写真スタジオ比較【スタジオアリス】

<スタジオアリス>

alice

こども写真城スタジオアリスは全国に472店舗を展開するこども専門写真館です。日本国外にも、韓国や台湾に店舗があります。最近ではペット専門写真館の「ペット写真城スタジオ わんわんアリス」という写真館もあります。また、銀座の歌舞伎座には「GINZA KABUKIZA」という写真館や、京都水族館やすみだ水族館にも常設写真コーナーを出店しています。
スタジオアリスには沢山の撮影メニューがあります。それぞれの撮影メニューをいくつかご紹介します。
【01.マタニティフォト】
スタジオアリスでは、赤ちゃんの成長の記録として、また、夫婦が親になる第一歩の思い出としてマタニティフォトの撮影をしてくれます。赤ちゃんが生まれてくる前の短い期間を永遠の宝物として残しておくことができます。また、スタジオアリスではマタニティフォトを撮影した方のなかから抽選でマタニティプレゼントがもらえます。プレゼントはベビーラックやロッキングチェアとして使えるインファント・トゥ・トドラー・ロッカーや電子レンジ消毒ができる衛生ケース「除菌じょーずα」など、赤ちゃんが生まれてから使えるプレゼントがもらえます。
【02.お宮参り】
お宮参りは生まれて一ヶ月の晴れ姿を撮影します。赤ちゃんの産屋の忌が明けるのが生後一ヶ月前後。その土地の守り神である産土神にお参りし、赤ちゃんの健やかな成長を祈る行事です。スタジオアリスのお宮参り写真は衣装を何着着ても無料です。衣装は500着以上用意されているので気にいる衣装が必ずあるはずです。また、あかちゃんは生後100日前後になると表情が一段と豊かになるので可愛さがさらに増す時期です。沢山の写真を撮って思い出に残したいですね。スタジオアリスにはお得な赤ちゃんセットプランが用意されていて、自宅用のシンプルなものから、プレゼント用の豪華なものまで選ぶ事ができます。
【03.桃の節句・端午の節句】
桃の節句はひな祭り。平安時代に行われていた人形遊びの「ひいな遊び」と女児の厄除けと健康祈願をお祝いした「上巳の節句」が結びついたのが始まりとされています。お雛様は女の子の身代わりとなる「お守り」の意味があるので、健やかな成長と幸せを願うとても大切な行事です。また、端午の節句は中国の行事の病気や厄災を祓う「重五」と日本の行事の「菖蒲」が結びついた行事です。身を守る鎧や、滝を登る力強い鯉等を飾って、男の子が強く立派に成長する願いが込められているそうです。スタジオアリスでは豪華なひな祭りの七段飾りが用意されているので、自宅に雛飾りが無いかたにはオススメです。また、十二単や袴、ドレスなど豊富な衣装が揃っているのでこどもに合わせた節句の撮影が楽しめます。女の子は可愛いお雛様、男の子はたくましい桃太郎やきんたろうに返信することができます。また、スタジオにはディズニーキャラクターの背景画像もあり、自然と笑顔になれるハッピーな演出が盛りだくさんです。
【04.七五三撮影】
3歳・5歳・7歳は氏神様にお参りする行事。立派に成長したこどもの姿をきれいな写真に収めたいですね。スタジオアリスでは衣装も豊富で自由に楽しく七五三の写真を撮ることができます。衣装は業界最大数の圧倒的なラインナップ。和装からきらびやかな洋装まで、選びきれない程豊富なバリエーションがります。サイズも豊富に揃えられていて体格の心配もいりません。また、スタジオアリスではベッキーがデザインした衣装も選ぶ事ができます。他の写真館では着ることができませんので、この衣装を着るためにスタジオアリスを選ぶ人もいるようです。また、衣装だけではなく、ヘアアレンジも沢山用意されています。女の子は衣装に合わせた小物や、男の子はよりハンサムに流行を取り入れた今風のアレンジにしてもらえます。また、レンタル着物も用意されていて、写真撮影とは別の日にレンタルしてゆっくりお参りに行くことができます。また、スタジオアリスでは様々なキャンペーンを実施しています。例えば「早撮り七五三」。キャンペーン内容は下記の10特典。
1.秋のお参り用着物レンタル
2.卓上フォトカレンダー・フォトカード・デザインフォントから1点プレゼント
3.ディズニーキャラクターの待ち受け画面プレゼント
4.年賀ポストカード文字入れ0円
5.ディズニーキャラクターのくし・ブラシプレゼント
6.千歳飴プレゼント
7.カラー足袋プレゼント
8.何着着ても衣装代0円
9.専門スタッフの着付け
10.ヘアセット0円
スタジオアリスにはこの他にも沢山のキャンペーンが用意されているのでとてもお得に記念写真を撮影することができます。

古希のプレゼントに人気

ビールやワイン、焼酎といったお酒は成人ならではの嗜好品の一つといえ、人によって好みは違うでしょう。酒は百薬の長とも呼ばれ、適度なアルコールの摂取は心臓病を初めとした循環器疾患の発病を和らげる効果が期待できます。またストレス緩和、食欲を増進させたり飲酒により血管を拡張させ血行を良くします。テレビや新聞を初めとしたメディアでこれらの商品の宣伝を目にする機会は少なくありません。懸賞の当選商品やふるさと納税のお礼品として扱われることもあり、人々の生活を良好にするものと言えるでしょう。その為しばしば結婚や記念日、親しい友人へのプレゼントとして扱われることもあり、専用のネットサイトも存在します。古稀のギフトにもおすすめであり、渡す相手の名前を入れてプレゼントするのも良いでしょう。かつては70歳まで存命するのは難しかったためこの先の長寿と健康を願って、ワインや日本酒など相手の好みのお酒を選んでみるのも良いです。しかし飲みすぎや飲酒後の車の運転は非常に危険なので注意が必要です。宴会場やレストランでアルコールを摂取したらタクシーなど代行業者に連絡し、自宅へ帰ることが大切です。例え自宅でも祝いの席だからと調子に乗って飲み過ぎる行為は急性アルコール中毒を引き起こし最悪死の危険にさらされます。中高年の場合のアルコール摂取目安は約20gとされ、ビールなら中瓶約1本、日本酒ならおおよそ1合となります。どんなものでも過剰摂取は禁物であり、用法用量を守って体に取り入れることが重要です。

↑ PAGE TOP